ご自分で一時的に使用を中止する軽自動車の廃車手続き(正式名称:自動車
検査証返納証明書交付申請)を行う方法・やり方を詳しく説明しています。

返納証明書交付(一時使用中止)の方法・やり方

軽自動車の使用を一時的に中止する場合は、現住所(使用の本拠)を管轄する軽自動車検査協会(事務所・支所)で、返納証明書交付(一時使用中止)を行います。但し、同時に名義や住所変更などで住所(使用の本拠)が変わる場合は、変更後の住所(使用の本拠)を管轄する軽自動車検査協会となります。ここでは返納証明書交付(一時使用中止)をご自分で行われる方向けに、軽自動車検査協会での流れや注意点などを掲載しています。
下記の返納証明書交付(一時使用中止)を行う前準備返納証明書交付(一時使用中止)当日の流れより、要点をご確認下さい。掲載内容は地域によって若干違いのある場合がございます。返納証明書交付(一時使用中止)を行われる前に予め、管轄の軽自動車検査協会にご確認下さい。

返納証明書交付(一時使用中止)を行う前準備

返納証明書交付(一時使用中止)を行う軽自動車検査協会の業務時間は、平日のみとなっておりますのでご注意下さい。

申請窓口の受付時間
午前8:45~11:45、午後1:00~4:00
軽自動車検査協会の業務時間
午前9:00~12:00、午後1:00~4:00
軽自動車検査協会の休日
土日祝 及び12月29日~1月3日

返納証明書交付(一時使用中止)当日の流れ

  1. 総合案内窓口で手続きの確認

    総合案内窓口

    軽自動車検査協会に着きましたら、まずはじめに総合案内窓口に立ち寄り、返納証明書交付の手続き流れを確認します。
    下記の掲載内容は、地域や追加手続きによって順番が若干前後する場合がございます。念の為、こちらでご確認下さい。

  2. 返納証明書交付の用紙の入手・作成

    軽自動車検査協会内で、不足用紙がある場合は配布を受けます。(通常下記3枚、または4枚を用意)

    軽自動車検査協会内の見本

    入手した用紙に必要事項の記入を行っていきます。記入方法は、軽自動車検査協会内に見本等の記載がありますので、そちらをご覧頂きながらご記入下さい。

  3. ナンバーの返却

    ナンバー返納窓口

    軽自動車検査協会に隣接したナンバー返納窓口に、ナンバープレートを返納します。

  4. 書類整備確認窓口に書類の提出

    書類整備確認窓口

    作成した書類一式を書類整備確認窓口に提出します。書類に不備があれば指摘を受けますので、修正等を行って下さい。

  5. 税金の申告

    地方税申告窓口

    地方税申告窓口に作成した軽自動車税・自動車取得税申告書を提出します。こちらで、翌年度以降の軽自動車税がストップします。

  6. 申請手数料の支払い

    手数料納付窓口

    軽自動車検査協会場内の手数料納付窓口で、自動車検査証返納証明書交付申請手数料の350円を支払います。
    申請手数料額については返納証明書交付(一時使用中止)の費用

  7. 軽自動車検査協会窓口に書類の提出

    軽自動車検査協会の申請窓口

    書類一式を軽自動車検査協会窓口に提出します。
    こちらで自動車検査証返納証明書と軽自動車検査証返納確認書が交付されるまで、しばらく待機します。

  8. 自動車検査証返納証明書と軽自動車検査証返納確認書の交付

    窓口で呼ばれ、自動車検査証返納証明書と軽自動車検査証返納確認書の交付を受けます。
    交付された自動車検査証返納証明書と軽自動車検査証返納確認書に記載ミスなどがないか、必ず確認を行って下さい。
    以上で、返納証明書交付(一時使用中止)が終了となります。

自賠責保険の保険期間が一定期間以上残っている場合は、保険会社に申請を行うことで残りの保険期間に相当する保険料の還付を受けることができます。
詳しくは、ご加入の保険会社にお問い合わせ下さい。

▲ページの先頭へ